いい夫婦の日

いい夫婦の日

今日、友人から、うちの仲良い夫婦を祝福するメッセージを頂いた。2年程前に、唯一ちゃんと結婚報告もした大事な友人なのだけど、今日のメッセージは、なんだか一番あったかい感じがした。結婚当初の愚痴も聞いてもらったり(笑)したから、それを乗り越えて、今では仲良くしている様子を感じて、やっと安心して、心から喜んでくれているのだろうと感じた。

普段、あまり「夫婦」とか「夫と妻」とか、そういう言葉は意識していない。普段感じている関係は、なんだろう、えぇっと、気持ちとぴったりの言葉は「生活のパートナー」だろうか。「夫婦(ふうふ)」って言葉は、まだピンとこないな。いつか、しっくり感じる時が来るのだろうか。

毎日、笑っていられているって、すごいことだと思う。結婚当初は不安定な時期もあったけれど、今は、毎日楽しくてちょっとおバカで、あったかくて柔らかい空気に包まれている気がする。すごいことだと思う。すごいなあ。感謝

パートナーさん、いつも、ありがとう

旅行の楽しみ

・旅行の楽しみ

わたしの旅行の楽しみの一つは、ホテルや旅館のアメニティ類。シャンプーやリンス類が気に入りのホテルや、旅館だと部屋に置いてあるお茶セットが素敵だったり、そういうホテルのちょっとした素敵体験が何よりご褒美だと思える。

知らない土地を観光したり、美味しいものを食べたりするのも楽しいけれど、日常を「非日常」にしてくれるのは、旅行の間に日常を過ごす「ホテル」だから。

パートナーさんの旅行の楽しみの一つは、土地土地の美味しい「ご飯のお供」探し。それも確かに。旅行から戻った後、しばらく食卓が楽しくなって、旅行気分の余韻を楽しめるから。

人それぞれ、楽しみにしている定番のことって、あるんだろうな。旅先でも、日頃の習慣のジョギングを楽しむ人がいる。最近は、早朝にホテルからジョギングに出かける人を見かけるのが当たり前になっている。旅先で、日頃の運動習慣を継続出来たらいいよね。私も今度から、ヨガを部屋でやろうかな。この楽しみは、非日常を体験する楽しみではなくて、日常の世界を広げる楽しみといおうか。日常を持ち込むってことだから。うん、それも、いいね。

いろんな楽しみがあるね。次の旅行は、もっと楽しくなりそう♫

 

本を読んでいる中での気付き

・本を読んでいる中での気付き

本を読んでいると、なんでもない一言や一文をきっかけに、何かにハッと気付くことがある。その気付きが、自分にとって重要と思われると、その本はその一言の存在だけで、たとえ他に特にいい点がなくても、自分にとって価値のある大事な本になる。

その言葉がダイレクトに響く時もあれば、全く関係ないようなフレーズが間接的なきっかけとなり気付ける時もあれば、例えのようなシーンで自分を重ねるようにして気付く時など、色々ある。

その、ハッとする気付きの積み重ねが、成長の糧となっていく。

お家のこと

・お家のこと

毎日のお家ごはん作り、片付け、掃除、洗濯、家族の健康管理、お金のこと、色々ある。自分で色々してみて、お家のことから、沢山のことを学んでいる。仕事ばかりの生活だった20代には気付けなかった、いろんな、社会生活の原点を学んでいる気がする。色々経験して、原点に立ち戻ると、とても心身にしみじみと染み渡るものがある。

色々あった家庭で育ったので、家族から生活の基礎を学べなかったことが、ひとつのコンプレックスだった。その穴がやっと、今の生活によって埋められたのかなと感じる。

ホームってすごいなあ、生活ってすごいなあ、日常ってすごいなあ、人ってすごいなあ、家族ってすごいなあ、自然ってすごいなあ、社会ってすごいなあ、と、当たり前のことに対する畏敬の念を抱くことが出来た。今の生活に感謝

 

モヤモヤ

・モヤモヤ

モヤモヤと思い悩むことがある。なんとなく身体感覚があって、気付かされる。あ、自分は何かモヤモヤしてるんだ、と。普段、納得せずままにやり過ごしていた小さいことが積み重なって、身体が発する判断しないと進めないよというサインなんだと思う。そういう時、何で悩んでいるのか、自分に問いかける。明確になりクリアになるまで、少し時間がかかることもある。でも、そうなったら、クリアになるまでモヤモヤと付き合う。だいたい、それをクリアすると、何かしら一つ前進することが多い気がする。

そんなモヤモヤが、たまにある。

ピンク色とハート型

・ピンク色とハート型

以前は好きになれない、または似合わないと思っていたのに、30代後半になってから、好きになった、またはちょっとは似合うかなと思えるようになったのが、ピンク色ハート型。(現実では、そのアイテムはそんなに身の回りにないのだけど、、気持ちは、大好き。)

大人になってから食べられるようになったものがあった。その、嫌いから好きへの感覚の変化は体験していたけれど、これはまた別の感覚。もっと自然で素直で穏やかな変化。

ピンクやハートって、子供の頃の方が好きな女の子が多いと思うけれど、私は真逆だなあ。私にとっての、大人への階段のひとつなのだと思う。大人になるって、人それぞれなんだろうな、自己の中の輝く未知との遭遇なんだと思う。ピンクやハートが好きな、今の自分の方が好き。そう思える変化と共に年齢を重ねられていて、良かった