2017.06.23

・習慣が人を作り、そして信頼になる

習慣、特に日々の習慣を大事にしている。習慣が人を作り、習慣が信頼になるのだと確信している。これまでも習慣を大事にはしていたけれど、これほど強い確信にまで至ったのは、1年ほど前から始めたヨガ習慣のおかげかもしれない。

読書、学び、ヨガ、食を大事にする、何事にも感謝を見出し心に留める、現在は自分の選択の結果であると責任と覚悟をもつ、何事もより良い方向を見つめて進む、人間性や人格こそが生の礎もしくは基本として第一に大事にする、などなど、色々な習慣が、人となりを作り上げている。

 

2017.06.22

・自信なんてみんなない

昔から思う事の一つなのだけど、自信のあるなし議論はあまり意味がない。相手を安心させる為、自分を謙遜する為、そのどちらかの目的で使われる表面的な言葉と思う。

たまに「あなたは自信があるのね」などと他人を揶揄する目的で使う人がいるけれど、その定義は意味がないと思う。相手にしたら、なんでそんな個人的な内面の事を決めつけられて言われなきゃならないんだ、となるだろう。面接や公式な場で、わかりやすい言葉として使われる事はある。それは、その目的や期待を汲んで、その場に合わせて解釈すればいい。

あえて言うなら、みんな自信なんてないのだと思う。自信がないから、努力するのだと思う。努力する事自体は、ただの選択と実行なだけで、自信も何もないのだから。

2017.06.18

f:id:chi35hirotake:20170620104747j:plain

・福岡

久し振り。何年振りだろう… 支店があってよく出張で来ていた。何度も来たのに、仕事してとんぼ返りだったので、街はほとんど知らない。記憶の98%は支店の窓から見える赤坂周辺の景色だ。あとは、夜の中洲を少し見たくらい。今回は、短い時間だったけれど、歩いて街を見て回った。

福岡の街は元気だなぁと感じた。南国の陽射しがそう感じさせたのかもしれない。バスも電車も広告が派手でかわいかったのが印象的で、こういう決定をする人達なのかと、勝手に括ってしまっただけだが。それでも、なんだか活発そうな人達だ。

 

・国内の色々な都市を巡って

東京横浜の生活しか知らなかったのが、ここ一年で幾つかの都市を気儘なプライベート旅行のなかで見てきて、その規模感について、実感として比較感覚を得ることが出来たのが、広島在住体験のひとつの収穫だと感じている。やはり東京はダントツで大きいのだなぁとか、日本全体でいえば山と海のある街がほとんどなのだろうなぁとか、大阪、広島、神戸などなどについて、一般的に言われている表現が腑に落ちたり、言葉と感覚がつながったり…

いかに自分が狭い世界の中だけで生きてきて、狭い価値観のなかにいたのかと感じる。東京横浜だけでも、地理的に横に広がらなくても、目に見えない世界の広がりがあるから、それだけで忙しくて気づかなかった。それでもいいのだろうけれど、違う土地の日常を知れたことは、言葉で表現できない豊かさを、私にもたらしてくれた。

何より、自然を身近に感じられるようになった。自然は遠いところにあるもののように、特別なもの、旅行などの時間でお金をかけて触れるもの(そもそも私は旅行をしていなくて出張だけだったのだけど)と感じていた。

視野が広がり、こころも広がっていくのを感じる。なんて有難い時間なのだろう、純粋な今という時に、感謝が溢れている。

2017.06.17

f:id:chi35hirotake:20170620104337j:plain

・有田焼き

新しいごはん茶碗が欲しいなぁと、ちょっと言っただけなのに、有田までドライブする計画になっていた。そして、それは、わたしがワガママ言った結果となっていた… そういうことにしておこう。。笑

2017.06.16

f:id:chi35hirotake:20170620102839j:plain

f:id:chi35hirotake:20170620102955j:plain

f:id:chi35hirotake:20170620102931j:plain

由布院温泉

初めて由布院温泉に行った。

旅館は熊本地震の影響を受けて一部全壊認定されたのだと、部屋までの案内途中に旅館の方が話してくれた。今回泊まった離れも、全壊して建て直したとのこと。それを聞いた途端、今回の宿泊は震災支援の意味も追加され、ちょっとした不満も吹っ飛んだ。

温泉はぬめりなど無く、入りやすい水質で、とても気持ちよかった。帰り時には、背中のブツブツが少し良くなっていて、温泉効果を実感できた。

旅館からは朝霧が見えるとのことだった。わたしは大浴場へ行かなかったのだけど、部屋からも少し見えた。また、由布岳のちょうど山頂から朝日が昇る景色が見れて感動した。

少しだけ由布院駅近くの街を見て歩いた。しっとりした温泉街を想像していたのだけど、、中国人観光客だらけで、お店は温泉の雰囲気とは関係なく、完全に観光地化していて、わたしには少し残念だった。

2017.06.12

f:id:chi35hirotake:20170612165740j:plain

神戸プリンスプリン

神戸のお土産はプリンスプリンにしよう、と前回行った時に決めていた。プレーンの他に、写真にある紅茶と抹茶も。濃厚でたまご感のある優しい味。

・家から離れて独りの時間

神戸に着いたとき、すごい深呼吸が出来た。毎日ヨガしていたのに、わたしはどんなに息を張り詰めて生活してたんだろう、と思ったほど。こんな時間、大事だと痛感した。

2017.06.10

f:id:chi35hirotake:20170610150814j:plain

f:id:chi35hirotake:20170610150847j:plain

f:id:chi35hirotake:20170610150903j:plain

・神戸オリエンタルホテル

京都に定期的に来ている友人がいて、タイミングが合ったので神戸で食事をした。久し振りの何でも話せる時間に、とてもとても寛いだ。

ディナーのデザートの前に、カレーが出てきてびっくりした。スプーンが置かれたから、デザートかと思ったら、ミニミニカレーが置かれた。思わずホストの顔を見上げたら、笑いながら、ホテルの人気メニューなのだと教えてくれた。

東京有楽町のオリエンタルホテルのレストランは何度か行っていたが、神戸の方が風格が高いなと思った。東京はだいぶカジュアルダウンしている。それはそれで、わたしは好き。どっちも素敵だ。

写真にあるハート型のパイは、ウエルカムで渡されるもの。こちらも人気だそうで、このパイを目当てに宿泊される客もいるそう。濃厚で美味しかった。