今日も瀬戸内は美しいです

日記 ここだけの暢気で気儘で勝手なはなし

季節行事

季節 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

・季節 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 鈴のような鳴き声の、キリギリスの鳴き声が響く頃。 キリギリスって、鈴虫と違うの?鈴虫は、コオロギと同じ種類になるらしい、キリギリスは古くはコオロギのことを指すらしい、ということは、同じ? うちの周…

季節 第48侯:水始涸(みずはじめてかるる)

・季節 第48侯:水始涸(みずはじめてかるる) 稲が十分に育ち田から水が抜かれ、田を涸らし、稲刈りが始まる頃。黄金色の稲が風に揺られなびく美しい田園風景が心に浮かぶ。 季節は変わってゆく。近くに田はたくさんあるけれど、最近見ていないなと気付く。…

季節 第47候 蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)

・第47候 蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ) 夏の間に外で活動していた虫たちが冬ごもりの支度を始め、土の中に入っていく頃。 まだここの近所では夜は、虫の合唱が響いている。でも虫の声は随分小さくなっていると、季節から気付かされる。自然の変化に気…

季節 第44候:鶺鴒鳴(せきれいなく)

・季節 第44候:鶺鴒鳴(せきれいなく) 鶺鴒が泣き始める頃。収穫を終えた人々が豊穣をお祝いする頃とも言われる。実際にお祭りがあるのは10月が多いようだが。 最近すっかり涼しくなり、まだ気温が高くなる昼間でも空気は爽やかで心地よく感じるようになっ…

季節

・季節 お盆休みの間に、ひとつ季節が過ぎ去ってしまっていた。72の季節は、気にし始めると、意外にも心身にしっくりくるサイクルだと感じている。短過ぎて、実態のない、共感し難いものかと、当初は思っていたのだけれど。「あぁそうそう」と思わず頷いて…

2017.02.20

・お雛様 昨年の旅行先で見付けた、かわいらしいお雛様。今年初めて飾る。 旅行先の、木工作品の作家さんご夫婦が営んでいるギャラリーで、一目惚れしたもの。すごくちっちゃいのに、丁寧に愛情込めて作られたのが伝わってくる、美しい存在感のある作品と感…

2016.11.28

・季節/朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) 季節は刻々と変化していきます。時間は待ってくれません。と、5日単位の季節(72候)の移り変わりを感じていると、自分への戒めになります。今は「朔風払葉」北風が木の葉を払う時期。公園の木の葉も、すっか…