読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も瀬戸内は美しいです

日記 ここだけの暢気で気儘で勝手なはなし

2016.11.24

・今を変えろ/読売新聞 CITIZENATTESA」の広告より

未来は変えられる、と人は簡単に言う。

でも、そうじゃない。

を変えなければ、未来は変わらない。

この瞬間、全力か。一歩でも前に出ているか。

その積み重ねでしか、自分の未来はつくれない。

世界に挑む

誰よりも「この瞬間」を信じて

 

 ・評価はエネルギーでありプロセスは糧になる

昨日のぼんやり考え事の続き。物事の動機と成果は他人のものであり、自分には評価が返ってくる。その「評価」は、真摯に受け入れるだけだが、それはエネルギーになる。嬉しい、悔しい、いろいろある。そのエネルギーによって、前に進むことができる。そして、評価の間で試行錯誤しながら進むプロセスこそが、自らの血となり肉となる。つまり、となる。

 

・2016年の振り返り自己満足ベスト候補と特別賞候補(11月現在)

今年一番の ”おうち仕事” は、どうしてもズレてしまう突っ張り棒に対して、壁との間に一枚薄い滑り止めシートを噛ませて、結果、見事にビクとも動かなくなったこと。エヘンどうだ凄いだろ、です。やはり摩擦を増やすことがポイントでした。家具を買うか買わないかの瀬戸際で、見事な仕事でした。パチパチパチ

 ”おうち食べ物” での一番の感動は、日本橋室町にある「山本海苔店」の海苔。スーパーや他の有名店の海苔もいただきましたが、圧倒的に美味しかったです。それと、最近のことですが、東京恵比寿の「猿田彦珈琲」です。美味しくて嬉しくて、そのコーヒーパックを見るだけで幸せな気分になるほどです。パチパチパチ。(大好きな「千疋屋」の、シャインマスカットのパフェを入れたいところですが、超絶に美味しいことは当たり前すぎて、カリスマ殿堂入りとして、除外します。)

今のところ、それらがベストです。まだ2016年も少し残っているので、それらを上回るベストが登場するか。日々を見守りたいと思います。

特別賞候補は、「カフェ・カリアーリ」です。夏に石見銀山に出かけた時に飲みました。ポツンとモダンな雰囲気を漂わせている素敵なカフェがあり、入りました。香り高く独特の爽やかな酸味が印象的だったと思います。初めていただいた時、これまで飲んだことないような香りの良さ、爽やかさに、驚いて感動したのを覚えています。少し前に流行ったサードウェーブコーヒーが同じような言葉で表現されるかと思いますが、人気のある何店舗かで飲みましたが、私にはコーヒーとしては薄すぎる気がして好みではありませんでした。でも、ここのコーヒーの爽やかさは、コーヒーとして満足のいくコクと深みがしっかりとありました。他では飲めない美味を体感できるのではないか、と思います。パチパチパチ

 

www.caffecagliari.jp