今日も瀬戸内は美しいです

日記 ここだけの暢気で気儘で勝手なはなし

2016.11.30

・読売新聞 JA共済の広告より / 今の自由、を差し出す先に。

小説家 朝井リョウさん の言葉

ある自由と、今から準備できる自由。その二つのバランスを考えることで、今の自分と未来の自分ががるような気がした。

小説家 朝井リョウさん の文章より抜粋

自由〜それは甘美に響く言葉だが、生きていくこととはきっと、両てのひらに溢れていた自由を一つずつ、自分以外の誰かや何かに差し出し、無限にある選択肢を一つずつらしていくことなのだと思う

〜自由を一つ差し出すたび、選択肢を一つ手放すたび、人は、その空いたてのひらをるべき誰か、何かへ差し伸べている

〜現に、ジェンガを一本ずつ抜いていくように自分の人生の形を少しずつ明らかにしていく同世代の友人の姿が、私にはとても眩しく、そして幸せそうに見える。制限が多くて困る、と嘆いている友人ほど、今の自分よりも大切にしたい守るべきものを多く抱えているように見えるのだ。

〜現在の自分よりももっと愛することができる人やものに出会い、それらに今手にしている自由や選択肢を差し出すその瞬間が、私はとてもしみだ。

 久し振りに、心に刺さる感覚を実感するほどの、感銘を受けました。

 

北斗晶さんの素敵なキラキラ笑顔

ご本人はもちろん存じませんが、たまにテレビで見る満面の笑顔が印象的です。その笑顔とオーラから感じられる人間性は、大好きで、大尊敬で、憧れです。とてもとても素敵です。わたしの大好きなオードリー・ヘップバーンと同じような澄んだオーラを感じます。

 

・美味しく食べる / Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM_vol.448

山本益博さんの言葉「美味しいものを食べるより、ものを美味しく食べよう」はい!

久し振りに美味しいもののことを思った。それは、山本益博さんの言葉通りで、美味しいものを食べるというより、美味しく食べることが一番大事だと実感から思う。笑顔で、信頼できると、楽しくをしながら、美味しく事するのは、なんてしいことか。そんな時に頂いているのは、食事だけではない。空気、雰囲気、センスのエッセンス、音、話、笑顔、明日からのエネルギー、、、その空間にあるあらゆるものを頂いている。もちろん、その中心にある食事は美味しくなくては、すべてが台無しになってしまう。

私は昔から、「食」は「食」だと思っている。食べること、それだけではなく、食べる時間、なのだと思うから。