今日も瀬戸内は美しいです

日記 ここだけの暢気で気儘で勝手なはなし

2016.12.09

・朝の景色

、家を出レバ、母なるが視界に広がる。道を進メバ、お揃いの黄色い帽子を被った小学生が集団登校している景色が目に入る。に入レバ、木々から紅葉した落ちがサラサラと道に吹き込んでくる。その頃には、ショパンエチュードピアノの早弾きのが美しくコロコロとれていて、景色と音がなり合い、まるで映画のワンシーンを見ているよう。さらに木々の間を抜けレバに出て景色は開け、その向こうから輝く朝陽がキラキラと射してくる。一瞬のうちに視界は黄金色に染まる。ふと横を見レバ、川面にはが立ち込め、く朝陽と重なり、幻想的で神秘的な世界が広がる。束の間、まるでの世界に留まり身をめる。そして、角を曲がレバ、トンネルを抜けてに入り、一日がまたき出す。

 

そんな朝。

 

これは現実。でもまだ、どこか夢を見ているようだ。しく平和な、この世界