今日も瀬戸内は美しいです

日記 ここだけの暢気で気儘で勝手なはなし

2016.12.31

・2016年最後の日

一年間、よく頑張りました。お疲れ様でした。

わたしにとっては、結婚をはじめ、人生で一番大きく変化した一年でした。一年間を通してゆっくりと、過去は過去になってゆき、新しい第二の人生がゆっくりと動き出し、戻れない、戻らない新たな道を歩み始めたことを、喜びと共に実感することが出来ました。本当に幸せな一年でした。

関わったすべての方へ、その中でもやはり一番には人生のパートナーとなってくれた彼へ、深く深く感謝申し上げます。皆々様が、この2016年を笑顔で納得して乗り越え、新たな笑顔で2017年を迎えられることを、心より願います。

・金のカステラ/まめや金澤萬久

家族が風邪で家から脱出。久し振りの、ひとり自由時間の一日。銀座へお買い物へ。追加手土産にお年賀を探していて、金のカステラを購入。王様のブランチで紹介されたらしく、ネットで調べると売り切れのため販売休止になっていた。が、松屋銀座のお店に行ったらすんなり買えた。まだ沢山ありましたよ。

・ネガティヴな決断に理解と賛同を示してくれるパートナーへの深い感謝

今年最後に、わたしは一つの決断をした。一度やると決めたあることを、止めると決めたのだ。それが、今では最善の選択なのだ。いろいろと新しいことを始めて、新しい普通を育ててきたなかで、ひとつ誤算があった。それを認めて、止めると決断するのは、これまで本気で努力して苦労もしてきたからこそ、とても辛い。そんな悔しくて辛い気持ちの決断を、パートナーは理解して肯定的に賛同してくれた。嬉しくて、有り難くて、パートナーの存在に、今年一番に深く感謝した出来事になった。