今日も瀬戸内は美しいです

日記 ここだけの暢気で気儘で勝手なはなし

2017.02.21

・本 浜田マハ:著 「本日は、お日柄もよく」読了

おもしろかった。ストーリーや展開に目新しさはないように感じたけれど、主題が明確でわかりやすく、心情描写もシンプルクリアで、誰にでも無理のないキャパで話がスピーディに進んでいゆくので、エンターテインメントとして楽しむにはちょうど良かった。たくさん本を読みたい時には、こういう類の本を間に挟みながらだといいな、と思った。

仕事において、何か大きな変化を起こす時の展開が、現実味があったと思った。自分もいろいろな変化を経験してきたので、そこのリアルな感覚が少し重なって興味をそそられた。当事者は意外にも冷静で、判断はシンプルで、時たま個人的な感傷が重要なポイントだったりする。周囲から見ると早いと思わせる時間軸でも、当人は、誘惑や無駄を排除した冷静な思考の淡々とした時間軸(視界)で進んでいるからだ。もちろん、現実ではそのシンプルさの裏に、膨大な努力と学びと経験からの裏付けという、自己判断と覚悟が含まれている。最後の方、自分の悲惨なだけの流産の経験を思い出してしまい、どうも気持ちが落ち着かなかったが、本では幸せな展開のなか、ハッピーエンドで良かった。そうあるべき、な最後だった。

 

・会社のコンセプト

会社のコンセプトを見るのが好きだ。前向きな言葉、希望溢れる言葉、人を幸せにする言葉が凝縮されている濃厚なメッセージ。ハマった時期があって、興味のある会社のコンセプトに使われる言葉をチェックしていた。

大好きな珈琲店のHPを見ていて、ふと思い出して、コンセプトを見てみた。大賛成♬「笑顔」「わくわく」大好きな言葉♬世界が「笑顔」と「わくわく」で溢れますように♬

東京・恵比寿のスペシャルティ・コーヒー専門店|猿田彦珈琲

f:id:chi35hirotake:20170221141250p:plain

短いコンセプトメッセージは、同じようなものばかりに見えるけれど、その言葉の裏には様々なコンテキストが含まれている。それを、メッセージの周辺にある様々な要素から想像することが面白いのだ。その会社の商品はもちろん、社長の顔や人柄、ロゴ、社風、社屋、オフィス、社員の雰囲気など。コンテキスト思考が、イメージを膨らませてくれる。言葉が上部だけになっている会社も時にはある。バレバレである。個人も然り。気が引き締まる。