失敗した家電2点

・家電のお買い物の反省

引っ越して来て、家電を冷蔵庫以外は新しく買った。一人暮らしの時とは選択基準が異なるもので、当時とても戸惑った。一応調べて買ったのだけど、1年以上使って見て、明らかな反省が2点ある。

 

●トースター>次は、W数が選べるものを。

信頼するメーカーで、一番コンパクトなものを買った。何が失敗だったかというと、W数が2段階(300w、1200w)しかないということ。

食パンを普通に焼くことは出来るのだけれど、様々あるパンの種類に対応できず、焼き具合にバリエーションが出せない。パンだけでも色々美味しく焼けたらいいのだけど。トースターを活用したレシピを見ていても、2段階では対応しきれず、1200wでは長時間使うと温度が上がり過ぎて途中で熱が止まってしまう。独身時代は、で焼いていたけれど、今はIHなので網は使えない。

次は、この反省を踏まえて、まずはパンが美味しく焼けて、W数が複数選択できるものを選ぼう。

 

●掃除機>次は、コードレスを。

正直なところ、適当に買いました。何が失敗だったかというと、2台ある車の車内を掃除したいのに、コードレスにならないこと(当たり前)。

コードレスは、当時のイメージで、省エネでないうえパワーが弱いと思い込んでいた。けれど今は違うのね。そして、車社会の生活、車のメンテナンスサイクルがまったくイメージできていなかった。

コードレスの掃除機が欲しいと思っている、という話をしたら、親戚が「Makita(マキタ)」という農機具メーカーのコードレス掃除機がいいって、親戚一同のオススメだと教わった。マキタは業務用掃除機も扱っていて、パワー性能は確かなようだ。私がチェックしている北欧雑貨のサイトでも登場するほど、性能だけでなく、デザインもシンプルでスタイリッシュで素敵だ。その他、今流行っているダイソンもいいなと思う。

 

現場で使い込んで、初めてわかる事がたくさんある。家事家電の現場は、家。これまで、家のこと、してきたつもりだったけど、適当だったなと痛感。快適なホームには、快適な家電家具は大事。心地良いホーム作りは、一生試行錯誤し続けなければならない大変で大事な仕事だと、改めて痛感。世のお母さんたち、すごいです。