日々のご飯を楽しみに

・ご飯を楽しみに幸せな眠りにつく日々

先日、近くのとても美味しい「日の出」という食事処で、料理人のおかあさんとご飯を楽しみにできなかったら勿体無いよね、という話題で盛り上がった。

私は食べることが大好き。食べること、寝ること、これらは神様が与えてくれた、誰もが持てる楽しみだと思う。残念ながら、食べることを栄養が取れればいい、食べれればいい、楽しみでもなんでもないと宣言する人は確かにいる(私は過去1人だけ会ったことがある)。他の事を日々の楽しみにしようと思ったら、結構大変だと思う。しかも、そもそも嫌でも何でもしなければならないことを、楽しみに変換できることは、大事な生きるスキルだと思う。

料理が下手でもいい、量が少なくてもいい、食べるという行為の幸せを、素直に喜べばいい。それを、より楽しいものにする努力をすれば、必然と、いろんな物事が良い方向に向かっていくのだから。

「日の出」のおかあさんは、笑顔が似合うとっても素敵な女性だった。食べることが大好きで、カウンターでお客さんと新しいレシピの話をするのが好きだそう。また、食べることを楽しみに、幸せな気分で眠りにつき一日を終えたいだけなのだと、言っていた。旦那さんに、おかあさんの寝顔はいつも幸せそうだと言われるって・・・・なんて素敵なんだろう♡