女子トーク

・ひとりの夜に

今、気心の知れた女友達(東京にいるKちゃん、それとSさん、とか♡)がそばにいてくれたら、恋愛トークしてるな、とふと思ったり・・・・ 女子トークがしたいなんて、久し振りに思った。

私をこの人生へ導いた(私の人生を良くも悪くも狂わせた)、きっかけとなった人がいる。私の在り様の原型を創った人でもある。初めて結婚を約束した人。昔は苦しいだけの思い出だったけれど、今はもう、別々の人生を歩んでいる、ただの人。今はもう、彼を思い出しても胸はざわめかない。今はもう、懐かしく目を細めて、遠くにいる彼を、優しく心の中で見守るだけでいい。30歳を過ぎてから、東京駅で一度だけすれ違った。これから、彼とまたすれ違うことはあるのだろうか。「俺に見合う女になるんだろ?」今思い出せる彼の声は、それだけだ。今でも、私の頭の上の方に張り付いていて離れてくれない。今の私を見たら、彼は、なんと言うのだろう。