パールジュエリーのリフォーム

・ものを大事にすることで生活は一層豊かになる

超ロングのパールネックレスがあった。1年ほど前に、糸変え(パールを連ねる糸を交換する作業)をしたばかりだったのだけれど、ここ数年は私には長過ぎて使わなくなってしまっていた。ロングよりも、首回りちょうどの長さのパールネックレスが欲しいと思うようになっていたので、思い切って、リフォームすることにした。

超ロングを、首回りちょうどの長さのネックレス1点と、ブレスレット2点(パールが詰まっているベーシックデザインのものと、数粒のパールをプラチナの細いチェーンに通したカジュアルなデザインのもの)にしてもらった。パールは糸変えだけでも結構なお値段がするのだけど、リフォームとはいえ新しいジュエリーが一つ買える程度のお値段がする。でも、一生ものなので値段は問わないことにした。

つい先日、出来上がりを受け取りに行った。結果、とても素敵なものができて嬉しい。ネックレスとブレスレットは、同じ金具にしてもらったので、繋げてロングネックレスにすることができる。短めのネックレスは、カジュアルでも使えるので、これから色々と活用しようと思う。思い切って良かった

 

昔から、お気に入りのものは、ちゃんと業者に出してメンテナンスをして使っている。物持ちがいいね、とよく言われた。自分が背が低くて体が小さいので、なかなか服飾品はサイズやデザインが合うものがなく、使えるものを探すだけでも苦労するからかもしれない。値段に関わらず、好きなものは好きで、大事にする。でも、それをきっかけに、ものを大事にすることで豊かになっていく生活の心地良さ、メンテナンスによる愛着効果の楽しさ、ヨーロッパの人のように代々ものを大事に受け継ぐ心、そういう精神を培ってきたように思う。これからも、そんな気持ち、大事にしたい。