結局ヨガに戻った

・結局ヨガに戻った

ずっとおうちヨガを続けていたのだけど、一時ピラティスに興味が湧き、本とDVDを買ってやっていた時期があった。ピラティスのトレーニング的な刺激が気に入っていたのだけれど、難しいなと思っていた。結局、毎日続けられているのはヨガ。

ヨガとピラティス、この違いは、私の個人的な感覚で例えると、アロマと漢方の違いに似ている。

漢方を学んでいたのだけれど、ずっと続ける分野として考え直した時、アロマに切り替えた。なぜかというと、漢方は、とても素晴らしい分野なのだけれど、直接的な快感が少ない等の理由から継続が難しいと感じていたことが一つにあった。ピラティスも、実際に筋力をつけたり体型を矯正するには素晴らしい効果があると感じたのだけれど、比較的トレーニング目的の動きであって、心地よさや楽しみと直結してくれなかったのだ。ヨガの哲学的な動きの方が、直接的な心地よさや快感を得られ易いのだろうと思う。

漢方とアロマ、ピラティスとヨガ、それぞれの良さがあって、目的に応じて使い分けるものだと思う。たまたま今の私には、環境だとか生活リズムだとか様々な要因を加味して、美と健康のための日々の習慣としては、アロマ、そしてヨガ、が自分に合っているのだと思う。

ヨガと言っても、SHIHOさんのおうちヨガのDVDに合わせてやる程度。ポーズをたくさんできるとか、哲学に精通しているわけでもないし、オシャレなスタジオ常連のヨギーと呼ばれるようなものでもない。でも、ほぼ毎日1年半以上続けていて、ヨガ習慣が自分の健康を支えていると実感しているという点で、自分なりに楽しくヨガをしている立派なヨガ好きとして認めてあげようと思う♪